Home 2017-03-18T12:38:59+00:00

次の書類は本物の改名許可証面談通知状ですが、ここではその内容よりも3つの日付けにご注目ください。

「審判期日通知書」という最初の書類は、改名したい理由を述べるための面談呼び出し状で、「平成●年~名の変更~」で始まる次の書類が名の変更許可謄本(俗に言う改名許可証)です。そして、それぞれの日付けが意味するのは次の通りです。

①(7月6日) → 呼び出し状の発行日
②(7月25日) → 面談日
③(7月25日) → 改名が許可された日

着目していただきたいのは②と③、つまり、面談と許可が同じ日である即日結審、そして、①から③の19日間という所要日数です。

「えっ、それがどうしたの?」

そんな声が聞こえてきそうですが、通常であれば改名は面談から数日~数十日間の期間を設けてじっくり審議されるもので、余程のことが無い限りは即日結審などあり得ません。

社会的にも個人を特定するという非常に大きな意味を持ち、生まれてからずっと名乗っている戸籍名を全く別のものに変えるのですから、慎重になるのも当然と言えば当然です。

そのための審判を長くても数時間の即日審判で下すほうが無茶な話です。もっとも、面談開始時間が午後2時30分の上記例では面談に要する時間を考えると、審議に使える時間は実質2時間もありません。

そんな無茶な話を改名の許可基準に全く届かない申立人が、上記19日間+4日間(申立書の作成・提出や家裁に受理されてから面談日が決まるまで)の総合計23日間という極短期間で改名に成功した、と言えばどうでしょうか?

にわかに信じられないような話ですが、それを理由を問わず誰にでも、もちろんあなたにも可能にするのが、これからお話しする戦略的改名法の凄さです。

ここからは改名について、できるだけ詳しく、わかりやすくお話しするつもりですが、ほとんどの人は一生に一度も縁のない手続きですので、一般的に知られている知識にも限りがありますし、誤解されている部分が多いものです。

その対策の一つとして、改名に関する基礎知識と押えるべきポイントなどを「 メール講座」として配信しておりますので、知識を深めるためにも是非ご登録ください。

これまで語られることも稀だった戸籍から改名する方法の基礎知識を「全12回のメール講座」として毎日1回、完全無料でお届けします。

お名前(姓)
Eメール

名前の悩みを一刻も早く解決したいあなたへ

はじめまして、
戸籍改名ドットコムの平井哲弥と申します。

今でこそ私は年間3桁を超えるクライアント様の改名をサポートしたり、皆さんが抱えていらっしゃる名前の悩みに最善策を提案して解決を図る「改名コンサルタント」として活動しています。ところが、そんな私がこうしてあなたに堂々と名乗れるようになったのも最近のことです。

少し前の私は、今のあなたと同じように自分の背負った名に対して非常に強いコンプレックを持っていました。

そう、私自身が戸籍から改名することに成功するまでは・・・

私がこのホームページを立ち上げた理由、それはとても単純なことです。

「あなたに名のコンプレックスを解消してもらって毎日を楽しく過ごしていただくため」
「あなたに誰もが羨む素敵な名でこれから何十年も飾っていただくため」

そして、
「 あなたがこれから一生、あなた自身の名を堂々と名乗れるようになっていただくため」
それがこのホームページを立ち上げた理由です。

ところで、戸籍からの改名と聞くと大抵の方は身構えてしまうのではないでしょうか?

「なんか、難しそう・・・」
「そんな大それたことが自分にできるはずがない・・・」
あなたがそう思われるのも不思議ではありません。

普通に生活している方には改名なんて全く縁が無いのが普通ですし、改名の経験者が周りにいらっしゃるケースも稀でしょう。

また、改名に関する正しい情報は書籍やインターネットからも入手しにくく、仮に得られたとしても「5~10年間を通称で過ごしてください」という通称の永年使用を前提にした、せいぜいお茶を濁すようなものがほとんどです。

どこをどれだけ探しても
改名を身近に感じさせる材料など全くありません。

こんな現状ですから、あなたがどれだけ名で悩んでいても「よし、改名しよう」とは思い切れないでしょうし、「考えるだけ時間の無駄」と結論付けるのが至極当然の考え方かもしれません。

つまり、一般的に改名は不可能、もしくは多くの手間と時間が掛かる遠い存在だと考えられています。そして、その考え方も決して間違いではないのです。

間違いではないのですが、もし、再び私が改名したくなったら、遅くとも1ヶ月後には別の名を名乗っているはずです。突然の病気・怪我や審判する家裁の混雑など想定外のアクシデントさえ起こらなければ全く問題ありません。

わずか1ヶ月間で成功なんて改名に関する知識があればあるほど信じられない話ですし、私があなたの立場であれば「胡散臭い」と感じることでしょう。

ところが、私が戦略的改名法を用いて約3週間で改名したのは紛れもない事実ですし、そのことは冒頭の改名許可証が何よりの証拠です。

また、実際に多くの方が戦略的改名法によって改名に成功されていますので、このあとにクライアント様から頂戴した結果報告をいくつかご紹介しておきます。

この手紙を読み進めるにつれて、「改名には極めて優れた手法が存在する」という事実を必ずご理解いただけるでしょう。

平井さん
ご報告が遅くなりましたが、先月無事に改名することができました。
どれほど嫌でもこの名と一生付き合っていくしかないと思い、夢も希望もなかった自分に改名という光を与えて下さった平井さんには本当に感謝致しております。

ご多忙な中、何度もサポートメールを丁寧に下さって本当に心強く思いました。ありがとうございました。

一人でなんて申し立てようとも思えませんでした。そんな自分が行動を起こし、願いを叶えることができたのは戸籍改名のススメと平井さんの温かいサポートがあったからです。

顔も知らない私に対していつも全力のサポートをしてくださった平井さんにはどれだけ感謝しても足りません。

どうか、これからも私と同じ様に名に悩まれてる方に希望の光を差し伸べてあげて下さい。本当に本当にありがとうございました。

紗由さま(新潟県)

平井様
いつもお世話になっております。
先日は申立書の添削をしていただき、ありがとうございました。 私が考えた原文が恥ずかしくなるほど説得力のある申立書に仕上がっていて本当に驚きました。

家裁での面接は今月4日に行われ、お陰様で無事に新しい名への改名許可を同月8日に頂きました。 これからは生まれ変わった気持ちで新しい幸せな人生を歩むことができます。

改名成功という一生涯にも渡る素晴らしいプレゼントをしていただき、本当にありがとうございました。

匿名希望さま(茨城県)

先週、必要書類を持参し、裁判所に申立てに行ってきました。
そして一週間後、家裁から郵便物が届き、呼び出しの案内が届いたのだと思って開けてみると…

なんと、氏名変更の許可書が入っていました!

面接を受けずに許可が出るとは思ってなかったので、ビックリしましたが、嬉しさがすぐに込み上げてきました!! まさか、こんな短期間で、しかも面接を行うことなく氏名変更できるとは夢にも思っていませんでした。

平井さんの本に出会っていなければ本気で改名しようとは思わなかったかもしれません。結婚前に改名できて本当に良かったです!

本当に平井さんには心から感謝しております。本当にありがとうございました。

悠芳さま(埼玉県)

平井様こんばんは。 ご報告遅くなり、申し訳ございません。
ついに先週の面談で改名許可を家庭裁判所より頂きました!

これまで真剣にサポートしてくださり、本当にありがとうございました。 感謝の気持ちでいっぱいです。

今はいろいろな身分証明書の手続きに追われ、まだ改名したという実感が湧かないのですが、きっと日々生活していくうえでじんわりと感じてくるものなのでしょうね。

平井様との共通点と今回の改名成功は本当に運命のようなものを感じます。 不思議ですね。こんなに偶然が重なるというのは・・・

改名の成功はもちろん嬉しいですし、平井様とこのようなきっかけでお知り合いになれたことも大変嬉しく思います。

美桜さま(仙台市)

平井様
お世話になっています。
さる3月下旬、家庭裁判所より無事、名の変更許可が下りたのでご報告申し上げます。

本来ならもう少し早くご報告すべきでしたが、市役所での変更手続終了後にご報告しようと考えていたところ、今月になりようやく手続を済ませることができたので、この時期のご報告となりました。

想定していたよりもあっけなく許可が下りた、というのが率直な感想です。なにしろ家裁からの呼び出しが一度もなかったのですから。

申し立てを行ったのが3月上旬。
その後、呼び出しが来るのを待っていたのですが、次に郵送されてきたのは未使用の切手と名の変更を許可する旨の記載がされた審判書謄本でした。嬉しく思うと同時に拍子抜けしたのも事実です。

マニュアルを通して手続全体の流れや注意すべき点を理解することができましたし、何より平井様から直接アドバイスや添削を受けることができたのが一番よかったのではと思います。

特に申立書の下書きを添削していただいたときは、様々な文言を駆使して必死かつ大胆に審判官に訴えるような表現になって返信されてきたので、とても感心したものです。そしてこれが呼び出しなしでの変更許可に繋がったのだと思います。これだけでもマニュアル代金以上の価値があったと感謝しています。

この間、滅多にない貴重な経験ができ、色々と勉強させていただきました。

平井様には様々なアドバイスを通じて申し立てを成功へと導いていただき、感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

匿名希望さま(岐阜県)

実は日本人の約8割が自分の名前を嫌っている

こんなデータがあるのをご存知でしょうか?

ある姓名研究家が少し前に行った調査によると、自分の名に満足していると答えた人は100人中、たった18人しかいませんでした。 約80%の人たちが授かった名を嫌い、自分で気に入った名を付けたいと思ってるのです。

そのデータを私自身でも実証すべく、2007年当時は誰もが利用していたミクシィを利用してアンケートを行いました。少し古い調査で恐縮ですが、「一度でも改名を考えたことがある人」が全体の71%にも及ぶことが明らかとなりました。

これらの結果を見る限り、「改名したい」という欲求は決して少数派ではなく、普通の人が、普通に抱く当たり前の欲求であることがわかります。

「改名したい」と思うのは特別な願い事のようにも感じますが、「夏休みには海外旅行に行きたい」とか、「新しいスマホが欲しい」といった誰もが日常的に抱く、ありふれた欲求と全く同じだったのです。

アンケート結果の詳細は次の通りです。

自分の名を気に入っている 23%
他人の名に嫉妬したことがある 96%
改名したいと思ったことがある 71%
通称・偽名を名乗ったことがある 87%
改名可能であれば改名する 91%

(2007年6月実施 対象者は13歳から52歳までの男女218名)

無差別に名前が晒される恐怖

それでも約80%にも及ぶ大多数の方が改名せず、気に入らない名を生涯名乗り続ける要因の一つに「改名制度の高い壁」が挙げられます。

もちろん過去の私だって例外ではありませんでした。

幼い頃から「時代遅れ」で「女性的」な自分の名が大嫌いで、書くことも、名乗ることも、呼ばれることも強烈なコンプレックスでした。

また、名前が晒される・・・

そう考えるだけで嘘を付いたときや大きな失敗をしたときのように緊張します。名が必要な場面が迫ってくると緊張もその分大きく膨らみ、心臓がバクバク鳴りだします。ただ、悪夢のような時間が一刻も早く過ぎ去ることを祈るだけの毎日でした。

学生時代の私にとって進学や進級の季節は地獄でした。新しい出会いで名を知られる機会が増えることでさえ憂鬱なのに「名簿」が配られます。できることなら誰にも知られたくない大嫌いな自分の名が、わざわざ見やすい活字にされて、一人残らず全員に配布されるのです。

名簿は「全員に自分の名が知れ渡たる」といった名簿本来の意義と、「私が他の生徒と自身の名を比べて劣等感を味わう」という2つのダメージを私に与えました。

努力では絶対に解決できないジレンマ

物心付く何年も前から決まっていた自分の名です。たとえ、その名が気に入らないからといって逃げることもできませんし、自分の努力でどうにかなるものでもありません。

名は手足と同じく身体の一部だからどれほど嫌いでも上手く付き合っていくしかないと、自分を無理矢理納得させることしかできませんでした。

少なくともその当時は改名によって戸籍から名を変更できるといった知識を持ち合わせていませんでしたし、嫌でも我慢しなければ生きていけないと考えていたのです。

しかし、その考えは高校2年生の春、クラスメイトの女の子が発した何気ない一言で粉々に打ち砕かれ、失意のどん底に叩き落とされることになるのです。

向ける先の無い“矛先”

自分の名が異質であることは誰よりもわかっていたつもりです。
わかっていたつもりですが、自分で認識していることと、人から指摘されることは全く違いました。

名を否定した彼女に悪気はありません。
それでも、初めてそのことを指摘された私は本当に惨めな程、打ちのめされました。

「自分が選んだ名じゃないから自分に落ち度は一切ない・・・」
それまでに幾度となく自分に言い聞かせてきた言葉が一気に力を失いました。

両親が名付けた名を気に入らない私が悪いのだろうか?
いや、そんな単純な問題じゃ無い。
名簿で他と見比べても私の名は一際異質だし、現に彼女も否定している。

では、名付けた両親が悪いのだろうか?
それも違う。
両親は私のことを想って最良の選択をしてくれたことは疑う余地が無いし、その証拠に「あなたの名前は本当に良い名前だ」と常日頃から言っている。

良かれと思って名付けてくれた両親を傷付けるわけにもいきません。
「名をコンプレックスに感じている・・・」
そんなことを両親が知れば深い深い哀しみに暮れることは明白だからです。

そんな風に考えれば考えるほど、自分に課せられたストレスを発散させる矛先が見当たらないのです。

誰も悪くない

それでも、現実に立ち向かうのは自分一人なんだと、その現実からは決して逃れられないのだと彼女は気付かせてくれたのです。

逃げることは解決じゃない

実際、私は現実から逃げることしか考えていなかったのです。
名を名乗らないで済む方法・・・
できるだけ隠し通せる方法・・・
振り返ればそんなことしか考えていませんでした。

でも、やっと気付いたのです。

原因を根本的に取り除かなければ何の解決にもならないことに・・・
「出生届けに記入した」というだけで一生背負う名が決定され、強いコンプレックスを感じ、ビクビク怯えながら生きていく馬鹿らしさに・・・

大学に進み、社会に出ると、出会う人数も付き合いの密度も大きく変わる。
今しかない、高校卒業までに全てを解決しなければ、未来は・・・無い!

テレビや小説の中には存在する「改名への道」を模索し始めたのです。
17歳、たった一人の戦いが始まりました。

“百万分のゼロ”という確率

しかし、実際に行動へ移した途端、私は愕然とさせられました。改名に関する情報や知識がどこにも見当たらないのです。信頼性の高い、現実に即したデータが全く得られません。

当時はインターネットなんて便利なものが無かった時代です。それでも、テレビや小説、特にミステリー分野の作中では日常茶飯事の改名ですから、大きな図書館で丸一日も調べれば大丈夫だろうと高をくくっていました。ところが現実はそんな甘いものでは無く、調査は難航を極めました。

人名に関する本と言えば赤ちゃんの名付けや姓名判断ばかりで、改名を題材にしたものなど1冊もありません。何十万冊、何百万冊という蔵書を誇る図書館にさえ、ただの1冊も無いのです。

地元京都だけではなく、さらに規模の大きい大阪の市立や府立などいくつもの図書館に足を運びました。そのため、週末は決まって図書館巡りです。

少しでも関連がありそうな書籍であれば片っ端から手に取りました。いつだって私が陣取ったデスクの上には脈がありそうな書籍が小山のように積まれ、ページをめくってはメモを取り、必要であればコピー機へと走る日々でした。

私は鬼気迫るほど真剣だったのです。

数ヶ月を掛けて近隣の主な図書館を調べ尽くした私が思い知らされたのは、改名を詳しく知ることができる書籍など刊行されていないというものです。そしてもう一つ、自分の改名は不可能に近いという絶望的な状況です。

ひとかけらの希望

得られた知識から客観的に判断すると私が改名できる可能性はゼロです。公式にアナウンスされていませんが、改名には一定の許可条件が定められており、私のケースはそれらの許可条件に遠く及ばないものでした。

一般的な改名許可の条件例

  • 奇妙な名である
  • むずかしくて正確に読まれない
  • 同姓同名者がいて不便である
  • 異性とまぎらわしい
  • 外国人とまぎらわしい
  • 神官、僧侶となった
  • 通称として永年使用した

それでも私には「きっと改名できる」という根拠のない自信がありました。改名許可条件には程遠いけど、どう考えても正当な主張だと信じていたからです。

これまで何十年も苦しんできたのだから、きっと理解してもらえる・・・
許可を与える審判官も人間なのだから情に訴え、頭を下げて頼めばきっと大丈夫・・・
改名は私が人並みの社会生活を営むために残された唯一の手段なのだから・・・

そんな楽観的な希望だけが私を突き動かしていたのです。

突きつけられた非情な現実

ドキドキしながら家庭裁判所へ電話を掛けた私を待っていたのは、それから10年以上過ぎた今でも忘れることができないほど愕然とした内容でした。

「改名したいのですが・・・」と告げ、理由を必死に説明した私。少しの沈黙の後に返ってきたのは「無理ですね。その理由では受理することもできません。」という言葉。

凍り付きました。たった一本の電話で全ての希望が粉々に打ち砕かれたのです。

改名なんて余程の理由がないかぎり、決して許可されないのです。しかも、仮に余程の理由があったとしても、私が考えていたような短時間で改名するのは到底不可能だったのです。

結局、審判を受ける権利すら与えられず、現実を受け入れるしかありませんでした。

法律家も尻尾を巻いて逃げるだけだった

時が経ち、社会に出ると学生時代とは比較にならないほど名の重要性が増しました。仕事・プライベートの別を問わず四六時中、名が必要となります。名刺、免許、クレジットカード、買い物、住居やライフラインの契約など全てにです。

さらに、携帯電話の普及が追い打ちを掛けました。アドレス帳に登録済みの相手から電話が掛かれば発信者名が表示されて便利ですが、それは私が発信したときにも相手の画面には私の名が表示されていることを意味します。

そんな現実に耐えられなくなった私は弁護士や行政書士の門を叩きました。彼らは法律の専門家だから、きっと何とかしてくれるだろう・・・
そんな期待に胸を膨らませて、改名を相談するため事務所を訪れたのです。

しかし、改名を断念するには十分過ぎる台詞を浴びせられただけでした。

「重篤な精神病でも無い限り、嫌いなだけで改名できるわけがない。」
「君のような人でも改名できるなら日本は大変な混乱を招くでしょ?」
「最低でも7年間程度は通称を使用している実績が必要ですね。」
「改名したい人の相談をたまに受けるけど、現実を知るとみんな諦めるよ。」

もちろん、改名を依頼するつもりで相談したのですが、成功しないことがわかりきっている依頼を彼らが受けることはありませんでした。それでも「何とかなりませんか?」と粘ると返ってくるのは次の言葉です。

「通常の時間単位制や成功報酬制などではなく、あくまでも失敗する前提で着手金を多めに入れて貰えるなら受任はするけど・・・」

結局、5000円~1万円という高額の相談料を支払って得たものは「絶望」の2文字でした。

いっそのこと、
海外で暮らせば苦しみから解放される・・・

そんなことも本気で考えるほど追い詰められていましたし、
実際に海外へ行くチャンスが巡ってきたときには何の迷いもなく渡航しました。

貿易の関係でニュージーランドと韓国に数年間滞在したのですが、
現地ではイングリッシュネームという英語風の呼び名を自分で決めて生活できますし、
戸籍名を気にする人など皆無です。
たとえ、戸籍名が知られても、日本名の持つイメージや文字の意味などわかりませんので
何ら引け目を感じることはありませんでした。

それは、生まれて初めて名のストレスから解放された本当に素晴らしい時間でした。

現実逃避の末に見付けたものは?

そんな幸せも帰国が近付くにつれて揺らぎ始めました。
日本に戻れば再びコンプレックスに押し潰される日々・・・
いよいよ覚悟を決めなければならない時期に興味深い話が舞い込んできました。

韓国では比較的自由に改名することができる
しかも、昔からそうだったわけではなく、ここ数年に緩和されたのだと。

何とかなるかもしれない!
そんな直感が働き、韓国人の友人達にも協力してもらい情報収集を始めました。
藁にも縋る思いですが、ビザの在留期限まで時間との戦いでもあります。

もちろん法も違いますし、社会事情や背景なども違います。
しかし、そんな韓国も昔は改名が日本と同じく難しいものだったのです。
そんな時代から自由化とも言える今に至るまでの経緯を調査し、成功者の意見も聞きました。

改名成功者が極めて少ない日本とは集まる情報の質・量とも比較になりません。
そんな中から日本でも応用可能な方法をピックアップし、戦略を練りました。

起死回生の改名戦略

私の改名には絶対に戦略が必要だったのです。
申し立ての受理が拒まれるような私でも改名できるように、戦略を練りに練りました。

さらにそれが本当に安全に使える戦略かどうかをあらゆる角度から検証し、
日本向けに修正することを繰り返して、
やっとこれなら安全に、確実に改名できるだろう、という戦略に辿り着きました。

それまでは点と点だったものが時を経て、異国の地でようやく一本の線に繋がったのです。

帰国して間もなく改名の申し立てを行い、今度は無事に受理されました。
すると驚くべきことが起こりました。

申し立てからわずか3週間で改名することに成功したのです。

いくら私の改名戦略が革新的でも、
さすがにそこまで短期間で許可されるとは予想すらしませんでした。

なぜなら、私の改名理由は受理を拒否された学生時代と基本的に変わらず、
裁判所が認めていないものだったからです。

つまり、一般的な方法で改名を申し立てると受理さえしてもらえないものが、
戦略的改名法を駆使した途端、理想的な申し立てへと一変したことになります。

名の変更許可謄本(改名許可証)
※上記書類の住所は京都市と記載されていますが2008年に移転しましたので
「特商法の表記」で公開している現オフィス所在地(福岡市)とは異なります

住民票の写し
※京都市伏見区で住民票を請求すると通常は新氏名のみの記載になりますが、
改名の事実を証明するために旧氏名を記載し取り消し線を引いてもらいました。

名前が空気になる瞬間

改名に成功してからは人生が大きく変わりました。
いえ、変わったというより「ようやく始まっただけ」なのかもしれません。
いずれにしても、名に縛られない“人並みの日常”は私の想像以上の素晴らしさです。

そこには誰にも躊躇することなく、しかも誇らしげに名乗る自分がいました。

それまでは名乗る、書く、呼ばれる、訊かれるなど全てが恐怖だったのに、
今では名を知って貰いたくて仕方がありません。
電話などで「どんな漢字を書くのですか?」と尋ねられた際に
「哲学の哲に弥生時代の弥です。」とはっきり答えられることが幸せなのです。

「男らしい素敵な名前ですね。」と言われると思わずニンマリしてしまい、
「そうでしょう?」と思わず言いたくなるのを必死に堪えて
一人で密かに改名できた喜びを噛みしめるのです。

物心付いてから改名するまで数十年間も苦しんでいた私が、
「ストレスから解放されるということは、これほど素晴らしいものだったのか・・・」と
当たり前の日常ですら、とても新鮮に感じるようになりました。

名を特別意識しなくても生きていけるのです。
普段はその存在を全く意識することがない「空気」のようになりました。

しかしそれは、私だけに許されたものではありません。

誰もが戦略的改名法をきっちり活用するだけで
年齢、性別、職業や学校、社会的背景、悩みの種類や深さ、なりたい名前、
そして改名したい理由など全てに関係無く、驚くほど短期間で改名することが可能なのです。

戦略的改名法とは?

私が学生時代に改名を決心してから様々な紆余曲折を経て、
国内外のエッセンスに独自の理論を加えて十数年越しにようやく完成させた戦略的改名法は
「3本の柱をコアとした不許可とならないための包囲網的改名戦略」と言い表せます。

そう、許可されるようにもっていくことではなく、
「却下されないようにもっていくこと」が大きなポイントです。
結果だけを見れば同じですが、その実、全く異なるものなのです。

戦略的改名法のコアとなる3本の柱とは?

どんな理由の申立てでも決して欠かせないのが証拠ですが、「ある布石」を敷くことにより、証拠の質と量を何倍にも高めることが可能です。
改名は許可されることではなく、不許可を避けることが極めて重要ですが、「ある書類」を1枚だけ入手すれば、一騎当千の基盤を築くことが可能です。
最終的に改名申立ての可否を決定するのは審判官の裁量となりますが、幾つかのポイントさえ押さえることができれば、面談を省略して改名することも可能になります。

法律家に依頼しても最低5~7年、
確実性を重視するならば10年程度は必要だと言われていた従来の改名を
その根底にある概念から一気に塗り替えることが可能な唯一無二の改名法です。

あなた自身の戸籍名を、
または、あなたの大事なお子様やパートナーの戸籍名を最小の労力で、
しかも驚くほど短期間に変更可能なたった一つの改名法と言い換えても構いません。

本人には全く非が無いにも関わらず、決して解決できない名の悩み、
改名という制度はあってもその恩恵に授かれるのは限られた一握りの人だけ、
そんな理不尽極まりない現実に苦しみ続けた私だから・・・

だから、私のような遠回りをあなたにだけは絶対にさせたくないのです。

苦労して改名できれば喜びはそれだけ大きくなるでしょう。
しかし、苦労しなくて済むのならそれに越したことはありませんし、
なにより裁判所相手の改名は一歩間違えると取り返しが付かなくなります。

安全性も極めて重要なキーワードです。

現役の法律家も実践した安全でクリーンな手法

戦略的改名法が完成するまでにはあらゆる角度から検証を行いました。
その中でも安全性は実現性と並んで最重要項目の一つです。

改名を申し立てる先は家庭裁判所ですので一点の曇りがあってもいけません。
しかも、一度申し立てると、たとえ不許可に終わっても記録として残りますので、
再申し立てのときに理由の変更ができなくなります。

もし、最初に改名不可能とされている理由で申し立ててしまえば、
その記録が原因となり一生改名できない最悪の事態にもなりかねません。
臆病とも言えるほど安全性を重視する必要があるのです。

もちろん、司法機関相手に不正行為などもってのほかです。

実は、この戦略的改名法は法律家である行政書士も本人が改名する際に実践し、
法律家も思わず舌を巻くほどの結果を出しています。

本来なら改名を請け負う立場の法律家が自分の改名に失敗すれば、
そのダメージが相当深刻なものであることは想像に容易いところです。
つまり、行政書士である限りは絶対に失敗を許されない自分の改名に
彼らが知る従来の手法ではなく、私が確立した全く新しい手法を選択したのです。

誰もが安心して実践できるほどクリーンな手法であることを
法律家が自らの体験をもって証明したと言い換えることができるのです。

昭和中期から何も変わらない古典社会

戦略的改名法を実践して改名に成功した行政書士を含めて
ほとんど全ての改名希望者は裁判所が定めた改名許可基準に該当しないのですが、
その場合に専門家が提案するのが通称の永年使用です。

弁護士、行政書士、コンサルタント・・・誰に訊いても全く同じ提案です。

実はその手法は大昔から使い古されている旧態依然とした手法で、
昭和中期から今日に至るまで専門家が頑なに言い続けてきたことなのです。
もしかすると、それより以前からだったのかもしれませんが、
昭和初期以前の資料や書籍を私が調査しなかったので起源は不明のままです。

さて、この激動の時代にも関わらず、
半世紀以上も改善されないどころか現代でも主流であり続ける事実。
どこかおかしいと思いませんか?

それが素晴らしく完成されているのであれば話は全く変わりますが、
時間も労力も、そしてお金も掛かる「妥協策」としか思えない手法なのに
専門家にも書籍にも主流として半世紀以上君臨しているのです。

そして、それが現在の改名事情に少なからず悪影響を与えていると私は感じています。

「大人の事情」がもたらす悪循環

「いつまで経っても旧態依然な手法が変わらない」のではなく、「何らかの事情により旧態依然な手法を変えない」と考えると全てに説明が付きます。

そこには当然利益が絡み、 少なくとも次の2つの理由があると考えています。

・少しでも多く報酬を得るため
・裁判所から睨まれないようにするため

まず、前者の報酬ですが、弁護士でも行政書士でも基本的には依頼の手間や難易度によって決まります。
もちろん手間や難易度が高ければ高い程、報酬は高額になりますが、もし、新たな手法が登場し、改名がより容易になれば報酬単価が下がるのは必至です。

それによって改名の間口が拡がり、より多くの依頼者を獲得できれば良いのですが、改名が容易になると同時に改名希望者が突然増えるとは考えにくく、実際には世間に浸透するまで数年程度のタイムラグがあるでしょう。

また、報酬単価が下がれば依頼者の獲得競争が始まるため薄利多売化も避けられません。
頭脳明晰な彼らがそんな愚かな真似をするわけがなく、受任数こそ少なくても高止まりの報酬で安定した利益を確保するのは当然です。

次に後者ですが、活動の場である裁判所に睨まれてしまえば当然仕事がやりにくくなります。
出る杭は打たれますし、彼らは改名だけを扱うわけではありません。

そのため、目立つような行動はできるだけ慎み、過去の判例や慣習などを重んじる司法の場に波風が立たないように配慮します。

つまり、過去に許可された事例など改名できる可能性が高い依頼しか受任せず、それまでに許可事例が無いような依頼は断ってしまうか、もしくはこれから数年間は通称を使用してください、と改名理由そのものを操作します。

これら2つのような思惑がある以上は新しい手法など生まれるはずもなく、いつまで経っても半世紀前と同じように改名のハードルは高いままです。

しかも、旧態依然とした体質や手法であれば裁判所も専門家も損することはありません。
改名できない改名希望者が翻弄されるだけなのです。

極めて不利な状況が追い風になる瞬間

あなたには何一つメリットが無いように見える旧態依然としたこれらの体質ですが、実際はまるで正反対で、思わず踊りたくなるほど素晴らしい要素が一つ含まれているのです。

それは「過去の判例や慣習を重んじる」、という部分です。
つまり、過去に許可したことが無い申立て理由は今後も許可されないということです。

たとえば、 結婚した途端おかしなことばかりが起こるようになり、半信半疑で尋ねた姓名判断士に災難が降り掛かる最悪の字画だと告げられた・・・
実際に改名したい理由の上位に位置する「姓名判断の凶画」ですが、それほど原因不明の災難が相次いだとしても改名は絶対に許可されません。

科学的な根拠や相関関係が無い(証明できない)のが不許可の理由ですが、凶画のケースが過去に一度だけ許可された判例があると仮定したらどうなるでしょうか?

そうです、
許可された判例が一度でもあれば同様のケースは許可される可能性が大いにあります。
理屈云々ではなく、一度でも許可判例があるのなら無視することはできないのです。
「法の下の平等」を遵守する立場の裁判所に不公平な審判など許されません。

上記は極端な仮説ですので実感として捉えにくいかもしれませんが、通常なら5~7年程度掛かる「通称の永年使用」をわずか3年で許可されたという判例があると置き換えればいかがでしょうか?
こちらも仮説には違いありませんが、十分起こり得ると思われたのではないでしょうか?

さて、ここまでは仮説でしかありませんでしたが、現実にこうしたことが改名審判の現場では毎週のように起こっているのです。

もっとわかりやすく言えば、
私の戦略的改名法を実践して改名を申し立てたクライアント様達が、従来ならば決して許可されなかった改名理由で続々と許可を勝ち取っているのです。

2017年の現在、
戦略的改名法が新たな許可基準になりつつある

戦略的改名法によって改名成功者が続出するということは、戦略的改名法による許可判例が成功者の数だけ蓄積されていくということです。

こうして許可判例が蓄積されていれば、法の下の平等を掲げる裁判所は同じ申し立てに対して「不許可」とは言えません。
つまり、許可判例が次の許可判例を呼び込むスパイラル現象が期待できるのです。

改名許可のスパイラル現象

この世で初めて戦略的改名法が実践されたとき、つまり、私自身が改名したときでさえ従来不可能だった改名理由が3週間で即日審判です。
過去に戦略的改名法を用いた許可判例が一切無かったにも関わらず、です。

それから数年が経ちました。

たとえ10~20件程度の許可判例があるだけでも改名の可能性はグッと高まるものですが、これまで改名許可された累積成功数は3桁を優に超えています。
昨年半ばよりクライアント様が改名に要する期間が目に見えて短縮されてきたのですが、その事実が許可判例の蓄積と密接な関係があることを疑う余地は無いでしょう。

相談する先々の弁護士や行政書士といった法律の専門家達が絶対不可能だとさじを投げ、家庭裁判所に至っては改名申し立てを受理することさえ拒まれ絶望していた私がわずか3週間で戸籍からの改名を実現し、人生を180度変えてくれた戦略的改名法。

私だけではなく数多くのクライアント様達を驚異の手法で次々と改名に導き、その同じ数だけ磨き抜かれてきた孤高の戦略的改名法。

あなたの改名を実現するために全てを詰め込んだ改名マニュアルをご紹介します。

マニュアルにはこんなことが書かれています

  • あなたが向き合う戸籍法の基礎知識とその見解

    改名と戸籍法は切っても切れない関係ですが、正しい知識を得る機会も少なく、そこに書かれている難解な法律用語の捉え方までとなると、こんな基本中の基本とも言える部分をハードルに感じる方も多いのが実情です。
    ここを一番最初に理解しているかどうかで改名の許可不許可はもちろん、そのための期間にまで影響を及ぼすほど重要なことですし、もし、間違った解釈をし、戸籍法にそぐわない申立てをしてしまうと一生改名できないような事態にもなりかねません。
    こうした基本をきっちりと押えることで、あなたを安全な改名へと導きます。

  • 改名の一般的な許可基準と過去の判例

    改名の許可基準や過去の判例を知ることができれば、それはあなたの改名を助けるガイドラインになります。相手にするのは裁判所ですし、よく知られているように裁判所は過去の判例を重視して審判を下します。そうしたいくつもの判例の中からあなたのケースに適合するものを探しだし、改名へのアプローチをより具体的に理解すると同時にモチベーションを保つ意味でも有効です。

  • 申し立ての詳細な流れの秘密

    基本的に裁判所は改名に対して否定的です。個人の戸籍に触れることですし、許可するにもそれなりの責任が掛かりますので、できることなら申し立てて欲しくないというのが本音でしょう。
    そのため、申し立て方法やその流れなどを詳しく教えてもらおうとしても、決して快く教えてもらえません。申し立てという行為自体にハードルを設け、それをクリアした人だけを審判するのです。そうすることで申し立ての件数自体を大幅に減らすことができますし、改名という行為が一般的になるのを未然に防ぐことができます。
    マニュアルではその隠された部分も詳細に解説していますので、やり方次第では裁判所に一度も出向くことなく改名できる結果となるのです。

  • 素早く改名を実現する証明書類の一番効果的な揃え方

    実際に申し立てをする際、欠かすことができないのが新しい名前に関する証明書類です。「戸籍名に何らかの不都合があるから改名する」というのが裁判所の見解ですので、新しい名前に改名すればその不都合は解消しなければなりません。それをあなたの言葉でどれだけ訴えても、所詮は当事者の見解ですから全く通用しません。必要なのは客観的にそのことを証明できる材料であり、書類です。
    それらを確実に効率良く揃える裏技とも言える方法を紹介します。

  • 裁判所の改名許可を待たずに今すぐ名を変える驚異の方法

    こんなことを言っても信じてもらえないかもしれませんが、改名を家裁から許可されなくても名を変える方法がたった一つだけあるのです。もちろん姓名判断士などが推奨する「通称・通名」といったレベルの低い方法ではありませんし、実際にはほとんど知られていない方法ですが、オフィシャルな場面で通用する正真正銘の改名です。
    パスポート・クレジットカード・各種社会保険などあらゆるものをあなたの希望する名義に“今日からでも”変えることができる驚異の方法です。パスポートや社会保険の名義が希望する名に変わるということは、日常生活で必要なほとんどの名を変えることができるということです。
    もちろん違法性など全くない驚きの方法です。

  • 裁判所に「参りました」と言わせる威力抜群の証拠書類

    もしかすると、このたった一枚の書類がその他の証明書類の数十枚分、数百枚分にも匹敵するかもしれないほど威力抜群の改名最終兵器です。そんな書類の入手方法と最も効果的な使い方を完全に解説します。
    今まで弁護士も、行政書士も、誰も気付かなかった驚異の書類と、その一番効果的な使い方のコンビネーションが裁判所の審判官に「参りました」と言わせ、あなたの改名を決定的なものにします。
    あなたがその方法を知ったとき、「これならイケる」と手を叩いて喜ぶのは間違いありません。

間もなく現実となる「改名後のあなた」を想像してみてください

  • 名のストレスやコンプレックスから一生涯に渡って解放されます
  • 過去のトラウマから完全に決別して新たな人生をスタートできます
  • ネットに実名や個人情報を晒されてしまった恐怖から解放されます
  • 一生、名で悩むことがなくなります

お子様の名付けをやり直せるので、家族に幸せな笑顔が戻ります

  • ふりがな要らずの素直に読める名へと変えることができます
  • 親の独りよがりを押し付けなくて済みます
  • 名で可哀想な思いをさせなくて済みます
  • 将来お子様から名付けを責めらず、反対に感謝されます

名は生まれてから死ぬまで数十年間使い続ける“一生もの”です。それどころか、たとえあなたが世の中から居なくなっても名が消えることはありません。
そんな永久不滅の名を変更するのですからメリットを挙げればキリがありませんが、改名することによる数え切れないメリットを一生涯に渡ってあなたに享受していただくために全てをマニュアル化しました。

好きな名を名乗れることが、どれほど幸せなことかを知って欲しいのです。名が変わるだけで毎日が全く違うものになります。目に映る景色そのものが、まるで変わってしまうのです。

私は今でも名乗ることが嬉しくて嬉しくて仕方がありません。そんなささやかな喜びをあなたにも知って欲しいのです。

人生に関わる全ての人が羨む名になれる権利に、あなたは幾らの価値を見出しますか?

今回は本当に必要とされる方だけに戦略的改名法をお譲りしたいと考えています。自分の名や大切な人の名で苦しんでいる方だけに贈る、ストレスフリーの幸せな人生を歩み出すためのパスポートです。苦しんでいた私に希望を与えてくれた何物にも代え難いマニュアルです。

そんなマニュアルに私は一体いくらの価値を付ければいいのでしょう・・・

赤ちゃんの命名をそれなりの専門家に依頼すれば数十万円は必要ですし、戸籍からの改名ではなく“単に運気の良い通称名”をもらうだけでも20~30万円という高額な料金でも涼しい顔をして請求されるのが「名」というものの相場です。単に姓名判断をしてもらうだけでも対面でお願いすれば最低3万円程度は掛かります。

法律家に改名を相談するだけでも30分あたり5000円程度の相談料が相場ですし、依頼すれば簡単に数十万円の報酬が発生します。

では、正真正銘、あなたが望む好きな名に戸籍から改名することができる、しかも驚異的な短期間で実現するマニュアルにはどれぐらいの価値があるのでしょう?「あなたの数十年分の未来」に値段を付けなければならないのです。

運気の良い通称名を貰うよりも遙かに価値があることは疑いの余地がありませんので、20万円を下回らないことだけはご理解いただけると思います。もし、それ以下の価格を設定してしまえば、姓名判断で生計を立てている方達から痛烈なバッシングを浴びることになるでしょうし、法律の専門家までも敵に回す恐れがあります。

さらに、誰もが気軽に購入できるような価格に設定すると改名を本気で考えている方に対して大きなデメリットとなってしまうのです。

あまりにも実践的すぎる故に、裁判所から封印されてしまう恐れも・・・

それは日本の改名制度によるものです。

このマニュアルを本気ではない人が安易に実践されると、日本全国の家庭裁判所が改名申し立てが殺到してパンクしてしまう恐れがあります。改名審判は申し立てた順の先願制ですので、 どれだけ短期間で改名できる手法であっても実践者の増加による家庭裁判所の混雑による順番待ちまでは短縮できません。

また、この手法は通常では考えられないような戦略をベースとした改名法です。戦略的改名法の許可判例が順調に増えるとスタンダードな改名理由に定着するはずですが、余りにも短期間に広まり過ぎると戦略自体が通用しなくなる恐れもあります。

この手法が通用しなくなった瞬間から、旧態依然とした改名へと一気に逆戻りし、5~7年以上の期間と高額な費用が立ち塞がって手が届かないものになるのは必至です。
それだけは絶対に避けるのが改名コンサルタントである私の責務ですので、禁止税的な意味を含めた価格で提供するのが最良であると判断しました。

本気でない人に“価格”というフィルタをかけて安易な購入・実践を阻止し、本気の人だけに確実に短期間で改名していただきたい想いからです。

「この先、残りの人生を好きな名で過ごしたい」「名付け失敗の負担を我が子に背負わせたくない」と心から願う、あなただけのお手伝いができれば、それで構わないと思っています。

だから、返品は受けないことにしました。
中途半端な気持ちで「ダメだったら返品を」などと考えている方は、もともと改名の必要がない方です。

「本気で改名したい」「自分の気に入った名を一生名乗れるなら、いくら出しても構わない」と、気持ちがしっかり定まらないようなら購入はお薦めしません。

この手紙をご覧になって、私の戦略的改名法に賭けてみようと決意された方、私の実績に対して価格以上の価値を見出してくださる方にだけに買っていただきたいのです。
真剣に改名に向き合って下さる方にだけ、私も本気で応えたいと思っています。

「返金保証がついていないなら、こんなマニュアル信用できない!」そのような方は、この話を聞かなかった事としてキッパリと諦めてください。

もし、あなたが諦めることになっても何一つ悲観することはありません。

今日と同じ明日が来る、ただそれだけです。買わない決断を、これからも今までと同じような人生を過ごし続ける決断だけをしてください。

※注意
改名成功まで全力でサポートさせていただくお約束をする以上、当方のサポート能力を超えない範囲内での販売が絶対条件となります。そのため、誠に恐縮ですが先着50名様限定となることを予めご了承ください。

お申し込みはこちら

さらに今だけの特別なプレゼントもご用意しました

たとえばマニュアル第1章は次のような構成です

お申し込みはこちら

信じられないかもしれませんが、名は「個性」にまで影響するのです

1970年代半ばにベストセラーとなった「The Name Game」の著者であり、アメリカの姓名学の権威者でもあるChristopher P. Andersenは「名前は単なる名札以上のものであり、人間が所有する最も大事なものである」と述べています。

実際に珍しい名、奇妙な名の人は罪を犯す率が高いという統計もありますし、逆に大金持ちにも珍しい名の人が多いのです。

「名は体を表す」という、よく知られたことわざもあります。人の名や物の名称は、そのものの実体や本性を明確に表しているものだということです。

あなたの周りを見渡してください。たった一つでも名前の無いものが存在しますか?
どんな物にも、それにふさわしい名前があるはずです。

では、あなたの名はあなたに本当にふさわしい名でしょうか?あなたの大切な人はその人にふさわしい名に間違いありませんか?

「人生時間」という一方的な契約

たとえ、ふさわしくなくても名を変えることは極めて困難なものでした。
自分で選んだわけでもないのに人生の終焉まで名乗り続けなければならない・・・
実際に私が行き場のない葛藤に悩まされ続けた部分です。

日本人の平均寿命は男性が79歳、女性が86歳です。

私が平均寿命まで生きると考えると、前半の約30年は与えられた名で毎日を苦しみながら過ごしましたが、後半の約50年は自分で選んだ名でストレスから解放されて毎日を過ごせるのです。

あなたの契約はあと何年残っていますか?
男性と女性の平均82.5歳を基準として少しだけ考えてみませんか?

82.5歳-あなたの年齢=あなたがこの先も名を名乗る年数

簡単な引き算です。
弾き出した答えは30年ですか、50年ですか、それとも・・・

その答えの年月だけあなたはこれからも名を名乗り続ける必要があるのです。

同じ名乗るならば堂々と気に入った名を名乗っていただきたい。
1日早く決断できれば1日早く改名できますし、1ヶ月早く決断できれば1ヶ月早く新しい名を名乗ることができます。
そしてそれを実現するのが「戸籍改名のススメ」なのです。

「戸籍改名のススメ」で改名する場合の流れをご覧ください。

改名までの流れを8つのステップでご説明します

Step1

マニュアルを全て読む

しっかりと基礎知識を身に付けることが成功への第一歩です

Step2

新しい名を決定する

人名に使える文字の範囲で成功しやすい名を名付けます

Step3

あるところで●●を変更

このSTEPでこれから実践する全ての効率を飛躍的に高めます

Step4

説明通りに証拠を集める

マニュアルやサポートに従うだけなので簡単で効率的です

Step5

ある機関から●●を入手

これが無ければ成功率が半減する最強の申立て資料です

Step6

平井と共同で申立書を作成

改名専門家の観点で家裁に通用する申立書に仕上げます

Step7

指示通りに面談を受ける

マニュアル中では面談での模範対応なども網羅しています

Step8

改名成功&新たなスタート

改名成功後の様々な手続きも責任をもってサポートします

とてもシンプルで躓くところがないことがおわかりいただけたと思います。
また、多くのケースでは上記全てを実践していただく必要がなく、より簡単に戸籍を改名することが可能です。
もちろん、万全のサポート体制があなたの改名成功まで全力でバックアップしますので、最初から最後まで何一つご心配いただかなくても結構です。

良くあるご質問をまとめました

本当に誰でも改名できますか? 2017-02-01T23:01:03+00:00

犯歴が無い方であれば問題ありません

最終的に改名を許可するのは家裁(審判官の裁量)ですので100%の確率で改名に成功するとは言えませんが、今までのクライアント様の実績を考えますと極めて高い確率で許可が下りています。
マニュアルの戦略が法律の専門家も舌を巻くほど画期的であることに加え、購入者様1人1人に合わせたメールサポートや申立書の添削などが功を奏しているのでしょう。
ただし、犯歴をお持ちの方、もしくは自己破産などの債務整理をされた方は家裁に改名許可されないケースもありますので、購入前にご相談ください。

子供の改名も可能ですか? 2017-02-01T23:00:37+00:00

赤ちゃんからお年寄りまで年齢は一切問いません

実は成人の改名に比べてお子様の改名のほうが遙かに簡単です。改名による社会的な影響が圧倒的に少ないのが理由ですが、その意味では年齢が低ければ低いほどスムーズに改名できることになります。
また、 購入者様の実に半数近くの方がお子様の改名のためにご購入くださいます。名付けの時に決めた名前が実生活にそぐわないものであったり、離婚などで姓が変わってしまい運気が悪くなったりと理由は様々ですが、多くの成功実績がありますのでご安心ください。

2人いる子供両名とも改名したいのですが大丈夫ですか? 2017-02-01T23:00:08+00:00

改名希望者が同一世帯に複数いらっしゃっても大丈夫です

改名の申し立てには特に制限がありませんので、同一世帯のご家族であっても何らご心配はいりませんし、これまでにも母子とも改名された方や兄弟2人とも改名された方などが当方のクライアント様にもいらっしゃいます。
ただし、特典として付帯する各種サポートは1パッケージにつき1名様が対象となっておりますので予めご了承ください。

改名するのにマニュアル以外の費用はどれぐらい必要ですか? 2017-02-01T22:59:40+00:00

基本的には800円分の印紙だけで手続きできます

家裁へ改名を申し立てる際に、申立書へ800円分の印紙を手数料として貼り付けて提出します。基本的に改名に関する費用はこれだけですが、実際には審判の結果を郵送するための費用を請求する家裁も多くあります。その場合は実費分の切手を申立書に添えて提出するのですが、速達であったり本人限定受け取り郵便であったりと家裁によっても郵送方法が異なりますので切手の額面は明言できかねます。
その他には戸籍謄本を添付しますのでその書類費用も別途必要ですが、それらを全て含めても2000円前後のものでしょう。

改名までの期間はどれぐらい掛かりますか? 2017-02-01T22:59:14+00:00

最短で約3週間ですがケースバイケースです

改名までの期間はケースバイケースです。全て書類を揃えて申し立ててから、家裁へ出向き面談を受けるまでは、どれだけ早くても約3週間掛かります。このため最短で約3週間と記載しているのですが、家裁の混み具合や購入者様の事情によっても様々ですので一概に言えるものではではありません。
ただし、多くの方が3ヶ月以内に改名されている方法ですので、既存のどんな方法よりも即効性のものであることに間違いありません。

戦略が通用しなくなった時点で即時販売を中止しますので販売中は問題ありません 2017-02-01T22:58:48+00:00

本文中でも説明しましたが、このマニュアルの改名方法は「ある戦略」をベースにしています。そのため、その戦略が家裁へ知れ渡ってしまった時点でマニュアルの方法が通用しなくなるかもしれないと考えています。そのXデーはいつになるのか見当も付きませんが、通用しなくなった時点で即時販売中止とさせていただきます。販売期間中は全く問題ありませんので、ご安心してお求めください。

よみかたを変えずに漢字だけを変えたいのですが大丈夫ですか? 2017-02-01T22:58:19+00:00

戸籍上の文字が変わるので改名になりますが、もちろん大丈夫です

たとえよみかたが同じでも戸籍上の文字の変更を希望される場合は、全く違う名前に変更するのと同じように改名の手続きが必要になります。マニュアルはそのようなケースにも対応していますのでご安心ください。
また、それと全く反対のケースである「文字は変えないでよみかただけを変える場合」は戸籍法上で正確に言えば改名には当てはまりませんが、一般的な認識では同じように改名となりますので、そんなケースにも対応しています。

改姓(姓・苗字の変更)には対応していませんか? 2017-02-01T22:57:49+00:00

改姓には対応しておりません

改姓は余程の事情がないと認められるものではありません。名は個人を特定するものであるのに対して、姓は家族や家系までを特定するものであるため改姓を認める場合は生計を一にする家族全体の姓を変更することが絶対条件になります。そのため、家裁も易々と許可できないものです。
改姓に関しては戦略云々よりも審判官の裁量に全てを委ねられますし、そうした諸々の事情を考慮するとマニュアルという形ではとても対応できません。
ただし、改姓も改名も根底となる考え方は同じですので、マニュアルを参考としていただけることに間違いはありませんが、サポートを含めて対応できかねますのでご了承ください。

改名した履歴は戸籍謄本などに残りますか? 2017-02-01T22:57:08+00:00

ほとんどの自治体では数年後に記載されなくなるようです

戸籍から改名の事実が消えることはありません。 ただし、それが目に見える形となるかどうかは全く別の問題です。
分かりにくい表現ですのでかみ砕いて説明しますと、戸籍謄本や抄本は「現存している戸籍」の全部又は一部を写して交付されます。そして肝心の「写す範囲」は請求事項などによって様々です。(戸籍は「役所が保管している原本」で戸籍謄本・抄本とは異なります)
また、本籍地の役所によっても扱いは異なります。戸籍の電算化が済んでいる自治体と紙の戸籍簿の自治体では若干差があるようですが、一般的には改名の履歴は謄本・抄本へ記載されないことが大半であり、たとえば名義変更時など改名事実を証明する必要があって記載を希望する場合はその旨を請求時にわざわざ告げる必要があるほどです。
参考までに当方のケース(京都市が本籍地)では特に希望しない限り改名履歴は戸籍謄本・抄本へ記載されません。

改名の手続きはテレビで見る裁判のように近寄りがたい雰囲気ですか? 2017-02-01T22:54:22+00:00

就職試験などの「面接」と良く似ています

手続きするのは家庭裁判所ですが、荘厳なイメージの裁判とは全く異なるものです。面談当日はどこにでもある机と椅子が置いてある小さな会議室のような部屋に通され、申立て理由などについて机を挟んだ係官1名と話し合うだけです。
就職試験などの「面接」をイメージしていただければ結構です。
面談時間は30分程度、相手をするのは「参事」と呼ばれる相談役のような方で、話を聞くのが任務なことから優しい感じの年配の方が担当されます。
もちろん審判を下す裁判官は参事と全く別の方で、参事は申立者と裁判官のパイプ役を務める方であり、慣れない申立者の代弁者となって裁判官へ意思を伝えてくれます。
つまり、代弁してもらうための話し合いです。
当日は終始和やかなムードで話し合いを終えて終了となり、結果は後日郵送で届くのが一般的な流れです。 罪を裁かれる裁判ではありませんので本当に和やかです。
以上、一般的なケースですので地域や申し立て内容により多少異なるかもしれません。

私があなたにお伝えしたかったことは以上です。

次はあなたが決断される番です。

お申し込みはこちら

ご不明な点などございましたら、お問い合せフォームから遠慮無くお尋ねください

自分でも気付いてなかったのですが名前が原因でいろいろ不幸がありました。最大の不幸は離婚してしまったことです。そのとき、初めて姓名判断をお願いしました。すると結果は予想通りというか、なんというか・・・

先生には画数が悪いから通称名を使いなさいと言われました。その幸運を運ぶ名前を命名してもらう費用が5万円と言われて素直に払いました。これからは「決して本名を使わず私の付けた名前だけで生活するように」と言われたのですが無理ですよね。事あるごとに本名は必要ですし開運のための名前はやはり通称でしかありません。それでも頑張って言われた通りにしていたのですが、不幸は重なり変化がありませんでした。

不安になって別の姓名判断の先生に診てもらったらその通称は運気が悪いって。もう何を信じたらいいのかわからなくなっていました。

そんなときに平井さんに出会いました。話を聞くと戸籍から改名できると言われて、これしかないって。マニュアルを読むとこれなら大丈夫と思いました。

手続きの進め方も詳細に書いてあって何一つ不安を感じることなく改名に成功しました。改名してからは以前のように不幸なことがなくなったので驚いています。

この方法に出会えて本当に幸せだったと思います。どれだけ苦しんでいてもこの方法に出会えない人が世の中には数え切れないほどいるはずですから。

素晴らしいプレゼント、本当にありがとうございました。

美結さま(東京都)

いつもお世話になっております。
11月には申立書の添削をありがとうございました。添削というよりは、書き直しに近い程の完璧な文章にしていただき、とても感激いたしました。

添削した文章をほぼ原文のままで裁判所に提出いたしましたところ、照会書への回答のみで改名許可が下りました!!

照会書の回答には少し戸惑いましたが、先日のサポートを参考にしながら正直に記載しました。マニュアルを買って、メールサポートを受け、添削をしていただいたおかげで、成功したのだと思っております。

本当にありがとうございました。

内田さま(愛媛県)

モニターに参加させていただきありがとうございました。
こんなチャンスに巡り合えたことが特別なことだと思います。平井さんが言っていた「気に入らない名前をあと何回書くつもりですか?」に気付かされました。

少し考えてみたら、毎日毎日必ず名前を名乗ったり呼ばれたり書いたりするわけですよね。それが1日に例えば1回だとしても1年で365回、10年なら3650回です。

それが私には耐えられなくて改名を決意しました。

今まで苦痛だったものがいきなり嬉しいものに変わりました。1年で3650回自分の気に入ってつけた名前を使えるわけですから幸せですよね。この方法でみんな改名したらどうですか?ペットの犬や猫の名前ですら自由に付けれるのに自分の名は自分で決められない・・・どうなんですかね、それって。

とにかく、私は自分の決めた名を本名にできましたので大満足です。

一翔さま(長野県)

こんばんは。
12月●日に裁判所より通知がきてました。無事に改名する事が出来ました!!!

主人と一緒に封筒を開けて改名の許可が下りてるのが分かって抱きついて喜びました。そして涙が出ました。それぐらいに悩んでいたのだと実感しました。そしてその悩みが解決した事に嬉しさがこみ上げてきました。

これで子供を晴れて来春より保育園に無事新しい名前で入園させる事が出来ます。

本当に色々とサポート頂きありがとうございました。心より感謝申し上げます!!

Fさま(千葉県)

私の古い名前は「~子」だったんです。それに、ずっと悩んでいました。

だって私21歳なんですけど「子」が付くだけでフケて見られるのがすごいコンプレックスでした。周りの友達は「~子」なんて一人もいませんし、「なんでもっと違う名前にしてくれなかったの!」といつも思っていたんです。そんな悩みをすぐに解決してくれたのがこのマニュアルです。

21年間の深い悩みがたった1ヶ月で無くなりました。もう毎日が軽くなった気がします。

今では新しい名前がすごい自慢です。

彩香さま(千葉県)

息子の名前をそっと改名することに成功しました。
実は息子はまだ1歳3ヶ月なんですが、生まれたときに付けた名前に後悔していたんです。そのときには洒落た名前を付けてあげようと考えて決めたのですが、周りの人に女の子みたいって言われて、そのたびに落ち込んでいました。将来、この子に恨まれるかもしれないって。

実はそう覚悟を決めてたんですけど改名する方法があったんですね。それで購入、実践すると・・・あっという間に成功です。

息子が物心付く前に間に合って本当に良かったです。

旦那の両親も「響きがいい男らしい名前だ」、と喜んでいます。ありがとうございました。

昂大さま(奈良県)

改名って難しいイメージがあったんですけど終わってみれば簡単でした。改名モニターしてみませんか?って言われて二つ返事でやります、って返事して本当に良かったです。

私の場合は改名まで2ヶ月かかりましたが、それでも驚きの早さですよね。

改名して性格が変わったと自分でも思います。それまでは名前を聞かれるのが苦痛で耐えられなかったのが、聞かれてもいないのに名乗るようになりました。そんな変化に自分でも驚いています。

改名して気付いたことは「名前って本当に大切なんだ」ということです。これで一生、名前で悩まなくていいと思うと最高です。

春菜さま(大阪市)

平井さま
ご連絡が遅くなって申し訳ありません。先日、メールを頂いた前日に家庭裁判所から申し立て許可の連絡があり、手続きをすませました。

結局、家裁には足を運ぶことなく、一度確認のお手紙が来ましたが、返信したところすぐに許可の謄本が来ました。今まで、難しく考えていたことが、こんなにあっさりと解決出来て、本当に嬉しかったです。ありがとうございましたm(v_v*)m

この結果報告をお礼のご連絡にかえさせて頂きます。本当にありがとうございました。

匿名希望さま(兵庫県)

改名した理由は漢字が嫌いだったので、です。
今も昔も読み方は同じ「かずき」ですけど漢字が大違いです。仕事でも名刺交換を避けていたのが昔のことになりました。おかげで名刺がどんどん減ってうれしい誤算になりました。

読み方を変えていないので激変はありませんがストレスから解放されて気が楽になりました。

名で悩んでいる人はこのマニュアルを一日でも早く実践するほうがいいでしょう。今現在はこのマニュアルが非常に有効ですが、平井さんが言うように広まりすぎると通用しなくなる可能性があると思うからです。

そうなってから後悔しても、2度とこのレベルのマニュアルは出てこないでしょう。

このマニュアル、改名するには最終兵器だと思います。

和希さま(北海道)

平井様 ご無沙汰しております。
ご連絡が大変遅くなりましたがおかげ様で息子の改名の許可がでました。

役所の手続きもすませ、新しい名の戸籍もできました。審判をうけて3日後には裁判所から許可証を頂くことができました。こんなに早く許可がでるとは思っていなかったので本当に嬉しく思っております。こうして早期に改名することができのはすべて平井様のおかげです。

長期にわたりご指導いただきまして本当にありがとうございました。

平井様に出会うことがなかったら、息子の改名もきっとあきらめ一生悩んで過ごしていたと思います。どうお礼を申し上げたらよいのかわかりません。

本当にありがとうございました。

浦野さま(岩手県)

実は今まで名前のことで悩んでいたんです。
それは誰にも言えない深い悩みでした。自分の名前が人と違うと思ったのは小学生のときですから30年以上悩んでいたことになります。

そんな私にとって結婚式の招待状が今までで一番嫌な思い出です。幸せな結婚式のための招待状に嫌いな私の名前を書かなければいけない、それは最大の葛藤でした。

その後も新居となったところの町内会名簿や子供の保育園の保護者名簿など・・・結婚したら余計に名前が知られる機会が増えて、今度生まれ変わったら絶対に自慢できる名前になりたいって毎日思っていました。それが生まれ変わらなくても現実になるなんて、月並みですが夢のようです。改名は子供の誕生の次に嬉しいプレゼントとなりました。

私の人生を変えてくれた平井さんに心から感謝します。

睦月さま(福岡市)

最後に

こんなところまで読んでいただき、本当にありがとうございました。そんなあなたは名に関して深く悩んでいらっしゃるに違いありません。

しかし、その悩みが深ければ深いほど、あなたの周囲へも必ず伝播していることにお気付きでしょうか?

繰り返しになりますが、私は改名に成功してからは人生が大きく変わりました。いえ、変わったというより「ようやく始まった」だけなのかもしれません。いずれにしても、名に縛られない人並みの日常は私の想像以上の素晴らしさです。

さらに驚くべき事に、友人知人や家族までもが改名成功を喜んでくれました。

学生時代の友人は・・・
「今やから正直に言うとな、可哀想な名前やと思っててん。」
「でも、そんなん本人に言えへんやろ?みんな結構、気遣うてたんやで。」

名付け親である母も・・・
「あんたが子供の頃から名前を嫌ってたことは知ってたんよ。」
「これでも親やし、黙ってても息子の気持ちぐらい全部お見通しや。」
「でも、あんたが絶対そんな素振り見せへんから今まで気付いてないふりしてたんや。」
「全部一人で抱え込んでアホやな。お母さんの肩の荷下ろしてくれてありがとう。」

私はそれまで一人孤独に名で苦しんでいたと思っていました。異質な名を背負って生まれた自分の運命を何度恨んだことかわかりません。

でも、私の周りにいる人までを知らない間に巻き込んでいて、誰もがコンプレックスを抱える私が傷付かないように振る舞っていてくれたのです。みんなが温かく見守っていてくれたのです。

私はそんなことに気付けないほど追い詰められていたのです。「気遣い」という最高の協力に涙が溢れるのを止められませんでした。

私と同じように今のあなたは気付いていないのかもしれません。しかし、名に苦しんでいるあなたの改名を心から願っている人が、顔にこそ出さなくても心の底から願っている人がきっと傍にいらっしゃいます。

あなたの改名をお手伝いできるということは、あなたにとって本当に大切な人達の心を解き放つことでもあります。

その日が一日でも早く訪れることを心から願っております。

お申し込みはこちら